Staff’s Blog
パブリック情報設計事務所のスタッフブログです
2017.05.30
WEBマーケティングに関する豆知識
Information Architect(インフォメーションアーキテクト)について

みなさん、こんばんは。

 

今日は僕の肩書でもあるインフォメーションアーキテクトについて少し説明を

しようと思います。

なぜかというと、お客様と話していてまだ情報設計

(インフォメーションアーキテクト)の意味を理解してもらえないことが

多々あると感じたからです。

 

 

僕が情報設計を主として仕事をするために「パブリック情報設計事務所」に

社名変更したのには理由があります。

 

・まずホームページ制作会社の仕事の領域と一緒にされたくなかったこと

・ホームページを作ることが目的の会社だと思われたくなかったこと

・ライバル会社が他にあまりいなかったこと

・WEBサイトを理解して利用している会社がいまだに少ないこと

以上が主な理由です。

 

 

 

WEBサイトを作るうえでの情報設計とは僕の経験ではマーケティングの

知識や経験がないとうまくいかない気がします。

WEB上での構成やデザインを考える前に基本であるビジネスの目的や

ゴールが見えないと設計はできないと思っているからです。

僕が情報設計者(インフォメーションアーキテクト)を名乗れるのは

WEB通販会社で実際に学んだ経験より、広告代理店時代に様々な仕事の

マーケティングで失敗した経験の方が、はるかに価値として高く情報設計に

活用できていると感じてなりません。

 

 

ちなみにマーケティングを実践して仕事をした経験は10年ですが、

WEBの仕事を実践した経験はまだ5年です。

 

最後に情報設計において必要なことは、

 

「経営者の視点」

 

「マーケティングの視点」

 

「幅広いWEBの知識」

 

この3つは必要だと感じます。